« 京都撮影旅行(フィルムによる撮影)9・龍安寺 | トップページ | 明けきってしまいましたが、、、 »

2006年12月31日 (日)

念願のフィルムスキャナゲット!

今年も、後残すところ 一日弱となってしまいました。
10月の末に東京に戻ってきてから早 2ヶ月… 大したことをやっていないのにもかかわらず、月日の経つのはあっという間でした。
来年も、 ひょっとしたら仕事上の事で一波乱ありそうな感じなのですが、どうなることやら。

さて、しばらくの間 「京都紅葉祭り」状態と化していた この日記ブログですが、その間 写真がらみのことで 幾つか動きがありました。以下 箇条書きにて;

i) 以前から欲しいと思いつつも、値段が高すぎて二の足を踏んでいた中判対応のフィルムスキャナですが、12月の初めにヤフオクで極上の中古を見つけ 速攻落札。
落札したのは、ニコンの一世代前のハイエンドフィルムスキャナ「SUPER COOLSCAN 8000ED」。発表されたのは6年位前ですが、現在でも十二分に通用するスキャン性能を持っていると思います。
当時 販売価格で43万円!もしていたものがたったの12万円くらいで落札できたのですから、かなりなお得な買い物ですよね(なけなしの棒茄子は吹っ飛びましたがね・泣)。
スキャンした画像サンプルをこちらへアップロードしてみようと思っていますので、宜しかったらご覧下さい。

ii) 前の記事で「PROVIA400Xってどうなんだろ?」ということを呟きましたが、テストも兼ねて ナイトスナップに引っ張り出してみました。
下のサンプルは、12/20-12/21にかけて 会社の帰りに神田-浅草界隈で撮ったもの。

3112061サンプル1(神田界隈)

Konica HEXAR RF + Konica M-HEXANON 50mm f2
AE, Δ-1Ev, f2.0, RXP

3112062サンプル2(神田界隈)

Konica HEXAR RF + Konica M-HEXANON 50mm f2
AE, Δ-1Ev, f2.0, RXP

3112063サンプル3(秋葉原)

Konica HEXAR RF + Voigtlaender Color-Skopar 35mm f2.5
AE, f2.8, RXP

3112064サンプル4(浅草雷門)

Konica HEXAR RF + Voigtlaender Color-Skopar 35mm f2.5
AE, Δ-2/3Ev, f2.5, RXP, 傾き微調整

3112065サンプル5(仲見世界隈)

Konica HEXAR RF + Konica M-HEXANON 50mm f2
AE, Δ-1Ev, f2.0, RXP, トリミング

以前の「PROVIA400F」のように粒状感が目に見えて粗い感じも無く、彩度・カラーバランスもISO100のRDPIIIに限りなく近づいている印象で、風景・ネイチャーフォトなどでも常用できるレベルになったかな…という感想を確かに持ちました。
12月初旬の京都撮影の際に、薄暗い場所で手持ち撮影を行わなければならなかったケースが結構あり、シャ速を稼ぐ上でももう少し高感度のフィルムを使いたいな…というのがあったのですが、そんな場合に 次の機会からこのフィルムを使う という選択もできそうです。

iii) えー、、、またまたMマウントカメラ用のレンズを衝動的に買ってしまいました(ーー;)
正しくは、Lマウント用のレンズなのですが、コシナから発売されている「Voigtlaender SUPER-WIDE HELIAR 15mm f4.5 Aspherical」。
広大なパースペクティブを上手く使う風景、例えば桜の咲く風景や建物の撮影などで使ってあげようかな なんて今考えています。
本音を言うと、コシナとツァイスが共同で開発したレンズ「Distagon 15mm f2.8 ZM」が欲しかったのですが、小型のカメラボディにあんな馬鹿でかいレンズを装着するのは無粋だし、なにより レンズの値段が高すぎる…(汗

ここの所、単焦点のレンズに非常に興味がありまして、中でも Mマウントレンズは面白いものが揃っているだけについつい買ってしまいます(^_^;)

|

« 京都撮影旅行(フィルムによる撮影)9・龍安寺 | トップページ | 明けきってしまいましたが、、、 »

コメント

結構カメラにもスキャナーレンズにもこだわりがあるんですねー 私はお金の関係もあってどうしても必要なものしか持てませんね 羨ましいですね 4x5や6x7など売ってしまって買い換えたいですね

投稿: ミツバツツジ | 2007年1月13日 (土) 17時44分

…独身貴族ならではの贅沢ではあるのですが(笑)
尤も、いい機種を買っても、その持てるポテンシャルを活かし切る所までの領域には到底及んでいませんが…。

フィルムカメラは、市場でかなりだぶつき気味になっている所為か、ここの所 価格が暴落しているようです。
中判カメラなども、写真館などのプロ現場がデジタルに切り替える目的で放出していたりと、結構お買い得ですよ。
銀塩を今だメインに置こうと思っている自分には、一番良い時期かもしれません(笑)

投稿: Yoshihiro | 2007年1月15日 (月) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都撮影旅行(フィルムによる撮影)9・龍安寺 | トップページ | 明けきってしまいましたが、、、 »