« ベルギー・ブルージュでの写真 | トップページ | 現像依頼の合間に。 »

2006年10月13日 (金)

この風景に、また出会いたかった。(箱根・千石原)

帰任も間近だと言うのに 無理をしてまで今回 日本に帰ってきたのは、「この風景に出会いたかったから」と言っても過言では無かったでしょう。
3年前に初めて行った箱根千石原のススキ野原、写真を撮るために再び行って来ました。
前回行った時とは異なり、機材も自分の写真撮影のウデも大幅にグレードアップしての再挑戦です。

今回は、メインを35㍉と645の中判銀塩カメラにし、デジタルは「メモ代わり」にGR Digital。
最近、デジタルはとんとご無沙汰しています…。
今回ご紹介するのは、GR Digitalで撮影したカットの中から2点です。

1210061□箱根湿性花園から 千石原方面を眺める(トリミング)□
箱根湿性花園からは 山裾に広がる千石原のススキ野原をほぼ 見渡すことが出来る。
 

1210062□千石原にて(トリミング)□
山の向こうに陽が まさに沈もうとしている時。
どこまでも果てし無く続くススキの穂が夕日に照らされて輝くその光景を強調してみた。

 

今回撮影したフィルムは、明日(13日)プロラボにて現像をお願いする予定です。
645の中判は本格的に使用するのが実質 初めてだけに、上手く撮れているか 心配なのですが…

|

« ベルギー・ブルージュでの写真 | トップページ | 現像依頼の合間に。 »

コメント

フィルムの現像上がり、楽しみですね~♪
6×4.5ならなおのこと、ライトボックスで見る
楽しみが増しますよね♪
meteも以前ブロニカ使ってましたが
迫力ですからね(笑)

今回はスケジュールが合わずに残念でしたが
来月以降は"いつでも"逢えますから
楽しみにしてます♪

投稿: mete | 2006年10月14日 (土) 21時16分

meteさん、こんにちはー。
今、成田の搭乗ゲートよりアクセスしております(笑)

一旦デジタルに走った自分ですが、ここに来て急に銀塩リバイバル(?)の風が吹きまして(笑)
巷では「駆逐」された感のある銀塩ですが、あの特有の色味と言いますか デジタルでは味わえない独特なものがありますよね。

今回の一時帰国の件では、折角お声をかけて頂いたのに こちらの都合が付かず すみませんでした。
(何も問題がなければ)11月の初めより東京に戻ってきますので、待ち合わせの上 あちこち撮り歩きに出かけたいですね。
去年行けなかった六義園、是非紅葉を撮りに行きたいと思っていますので、宜しくお願いいたします♪

投稿: Yoshihiro@日本 | 2006年10月15日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルギー・ブルージュでの写真 | トップページ | 現像依頼の合間に。 »