« ドイツ在住最後?のお勤め。 | トップページ | ドイツにて、最後のご奉公(?) »

2006年10月28日 (土)

ピリオド。

自分に残された 欧州における短い時間を過ごす為に必要な最低限のものを残して、全て荷物が搬出されてしまった自分のアパート。
昨日から一転してガランとしてしまった部屋を見ると、いよいよ自分は帰国するのだという実感が沸いてきます。

今の自分にとって、「第二の故郷」と言っても過言ではないデュッセルドルフ。
住み心地が個人的に大変良かっただけに、さよならを告げるのは、やはり後ろ髪を引かれるような気持ちになりますねぇ…。
許されることならば、もう一回 ここに戻ってきたいなぁ。

|

« ドイツ在住最後?のお勤め。 | トップページ | ドイツにて、最後のご奉公(?) »

コメント

本との最後 そう寂しい気持ち分かるような気がする 日本にもいいとこあるんじゃない? がんばれ

投稿: ミツバツツジ | 2006年10月28日 (土) 16時04分

ミツバツツジさん
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

来た当初は「早く日本に帰りたい」という気持ち一色だったのですが、「住めば都」との諺どおり 意外と住み慣れてしまうものだと思いましたよ。
特に、デュッセルドルフは日本人が多く、ドイツの人たちも大変親切ですから、余計にそう思えるのかもしれません。

振り返ってみれば、短くもなく 長くも無く… 初めての駐在として、丁度いい経験だったかなと。
明後日から心機一転、東京で、仕事に趣味にがんばりたいと思います。

投稿: Yoshihiro@ドイツ | 2006年10月28日 (土) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ在住最後?のお勤め。 | トップページ | ドイツにて、最後のご奉公(?) »