« フォトキナ2006(2) | トップページ | ベルギー・ブルージュ(Brugge)巡り »

2006年10月 1日 (日)

中古カメラ市 in ケルン。

Sさんに誘われて、ケルン(Köln Mühlheim)で行われた中古カメラ市に再び行ってきました。
あと 一ヶ月余りでドイツを離れる身… その前までに、何か 記念になるようなものをもう一つ買っておきたくて。 カメラボディかレンズ、いい物を買えたらなぁ…と思っていたのですが、幸か不幸か(?)、見つけてしまいました(苦笑)
値段的に十分安い上に、状態はかなり良好。あとは、自分の決断次第だったのですが、なかなか踏み切れなくて… モタモタしていたら、出展していた人が痺れを切らしたのか「80ユーロまけてやるからどうだ?」とたたみかけてきまして(笑) めでたく? 清水の舞台からノーロープバンジーと相成りました。

0110061 という訳で、今回 新しい仲間になったライカのレンジファインダー機、「M2」。
M型レンジファインダーの最高峰と言われる「M3」という手もあったのですが、35㎜のブライトフレームが内蔵されていない事が引っかかったのと、RF機の要である距離計が今一の状態のものが多く(勿論、OHでリフレッシュさせることは可能なのですが...)、個人的に使いやすく感じるM2の選択となりました。
グッタペルカが一部 欠損している個所があるのですが、これは張り替えが可能ですから大した問題ではありませんし。今のメッキのままでも全然OKですが、塗装のしなおしを含め これからどう可愛がってあげるか、考えようと思います(塗装なら、寧ろ 今あるM6の方が問題だ…)。

写真は、ライツ(カナダ)製のSummilux M 35mm f1.4をアタッチした状態。
ライカには、こういうデザインのレンズが一番外観的にしっくりと来るようです。

|

« フォトキナ2006(2) | トップページ | ベルギー・ブルージュ(Brugge)巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォトキナ2006(2) | トップページ | ベルギー・ブルージュ(Brugge)巡り »