« Willichのイタリア料理店にて。 | トップページ | フォトキナ2006(1) »

2006年9月25日 (月)

オランダ・アムステルダム

あと (予定では)1ヶ月ほどで終わりを迎えることになる 海外在住。
その締めくくりということで 幾つか 観光をしておこうと思い立ちまして、本日 ICEで日帰りのアムステルダム(オランダ)スナップ撮り旅行に行ってきました。

アムステルダムの特徴と言えば、街中に網の目のように張り巡らされた運河。
オランダが交易で大いに栄えた17世紀の面影を今でも十分に残す周辺の建物も大いに魅力的で、今回はこの運河周辺の風景を中心に4時間余り歩き回って写真を撮ってきました。
 
今回も、デジタル一眼EOS20Dは使わず EOS-3+Tamronの大口径標準ズーム(SP AF 28-75mm f2.8 XR Di)にVelvia 100F or T-Max 400のコンビネーション。
サブマシンと言うことで、GR Digitalを携行して行きました。 GRは、RAWではなくJPEGによる一発勝負(?)です。
今回は、GRで撮った中から数点をご紹介いたします。
28㍉という焦点距離では画角的に広すぎるシーンが多く、それ程撮ることが出来なかったのですが…

2409061 アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal)
東京駅赤レンガ駅舎は、このアムス中央駅の駅舎がモデルになっているのは有名な話。
 

 

2409062 シンゲル運河にて
運河周辺は、17世紀の面影がそのまま残る。
 

 

2409063 花市にて
 
 

 

2409064 運河と自転車

 

 

 

 
 

2409065 運河と自転車(2)
 
 

 

2409066 運河沿いの建物
 
 

 

2409067 水上バス
 
 

 

今回 ポジで撮影した分については、現像とデータ化に一定の時間が必要ですので、もう暫くお待ち下さい。

|

« Willichのイタリア料理店にて。 | トップページ | フォトキナ2006(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Willichのイタリア料理店にて。 | トップページ | フォトキナ2006(1) »