« 掘り出し物探し | トップページ | !! »

2006年8月25日 (金)

……(再び脱力)

前の時にこちらで愚痴った 部品の不良の件ですが、未だに無理解な販社の人間から毎日のように罵倒され続けています…。
曰く 「(客先の特裁扱いで”特例的に”生産をしただけなのに) 今回に限って生産を拒否するとはどういうことだ」 「(客先で承認されサインされた図面が、生産再開に当たっては必要だと何回も説明しているにもかかわらず)4週間も経って 何も生産が動いていないとは何事だ」「ビジネスをやりたくないのか」「新規案件はいらないのか」。。。
あまりにアレな向こうの言い分に、こちらも思わず怒鳴り返してやろうか…とも思ったのですが、さすがにウチの製品を扱ってもらっているお客さんと本気で喧嘩するわけにはいきませんよね…。
1時間近くもの間(そんな暇あるんだったら、とっととエンドユーザに図面の返却をフォローしてくれよ!!)、電話口でひたすら元気なさげに「Ja,,,, Ja,,,」と言い続ける他ありませんでした…。
こちらは、既に妥協できる所まで妥協し切ったというのに… こちらに怒鳴りつづけて物事が円満に解決できると本気で思っているのでしょうか。

思わず、こんな所で愚痴を書いてしまいましたが…今回のケースは今後の為のいい教訓となってくれました。
それは、「ビジネスにおいて『特例扱い』は一回たりとも認めてはいけない」ということ。
良く 日本では「情けは人の為ならず」といいますが、こう言った考え方はこちらでは通用せず、相手にどんどん付け入る隙を与えるだけの結果となってしまうようです。

…しかし、今週は本当に辛すぎる一週間だった orz....

|

« 掘り出し物探し | トップページ | !! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掘り出し物探し | トップページ | !! »