« バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・2 | トップページ | バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・4 »

2006年6月 5日 (月)

バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・3

何とか、カラーポジのスキャン作業が終わりました。
納得のいく出来になるのに、結構時間がかかったなぁ…
このカラーシリーズは、あと2回くらいに分けてお送りする予定です。

カサ・バトリョを一通り見学し終わった後、先ほど通り過ぎたカサ・ミラの内部を見学しに出かけました。
行ってみると、既に入場を待っている観光客でいっぱい。尤も、入り口で持ち物のチェックを行っていたという理由もあったのですが…

0406061○カサ・ミラを見上げる○
Canon EOS-3 + Tamron SP AF 28-75m f2.8 XR Di Asph.
AE, f8.0, RVP F, with C-PL

 

0406062○カサ・ミラの屋上にて○
Canon EOS-3 + Tamron SP AF 28-75mm f2.8 XR Di Asph.
AE, f8.0, RVP F, with C-PL

鎧姿の騎士のように見えるものは、全て煙突。「煙突までもデザインに含める」ガウディのこだわりが伺える。

0406063○カサ・ミラの屋上にて(2)○
Canon EOS-3 + Tamron SP AF 28-75mm f2.8 XR Di Asph.
AE, f8.0, RVP F, with C-PL

 

余談ですが…今回デジタル一眼を使わなかった理由の一つに「デジタル一眼の生成する空の色が好みではないから」というのがありました。自分のやり方がいけないのかも知れませんが、ポジフィルムに比べると、何となく「コク」がないような気がします。
ポジにPLを適宜利かせた時の空の色は、やはり見ていて心地の良いものに思えます。

|

« バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・2 | トップページ | バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・4 »

コメント

こちらもブログの更新が止まってます(汗)。
同じくフィルムをスキャンする時間がないから。
その気持ちわかるよ。
デジタルだと空の色がニュートラル過ぎちゃうように思えるよね。
ただ、僕なんかもそうだけど、ベルビア系を使っているからそう思えるのかもしれないよね。プロビア系とかナチュラルなフィルムのユーザーさんはどう感じるんだろう?
PLか・・・。使いたいけど鉄道はシャッター速度が命!!なとこがあるから、露出が落ちるというのは致命傷に近かったりするんだよね(涙)。
ピーカンでも絞り開放でシャッター速度ぎりぎり、なんてね(苦笑)。
さあ、頑張って更新しなきゃ。

投稿: さんらいず | 2006年6月 6日 (火) 00時20分

こちらへ赴任するのを機にデジタルにも手を出しましたが、最近またフィルムの方へ転びつつあります(笑)
そう、自分も空を入れて撮る機会が多いんだけど、空の青色がデフォルトだとヘンに転ぶことが多くて…。
ある程度はPhotoshopで補正できるのですが、色の境界で不自然になってしまうことが起きたりして、今一心地よくないんです。
尤も、夜景など デジタルならではのメリットがあることもよく分かっているのですが…

PROVIAも結構高彩度な表現をするフィルムだな、とは思うけど。条件によっては、自分も使ったりしますよ(あとは、KodakのE100VSとか)。
古武道の演武会など 動く被写体を70-200などで追いまわしたりするのに速いシャ速が必要になる時なんかは、PROVIA400などを使ったこともあるなぁ。

投稿: Yoshihiro@独逸 | 2006年6月 8日 (木) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・2 | トップページ | バルセロナでの写真(フィルムによる撮影)・4 »