« スペイン・バルセロナ 短期旅行(3)・5/5 サグラダ・ファミリア大聖堂 | トップページ | ドイツの藤 »

2006年5月11日 (木)

スペイン・バルセロナ 短期旅行(4)・5/5 グエル公園~5/6

サグラダ・ファミリア大聖堂を一通り堪能したあと、今日の最終目的地である「グエル公園」と行くことに。
市の北側に位置しているせいか交通の便が悪く、現地へは市営の小型循環バス(116系統)を使って行きました。
丘を登っていくので、行くのが大変だ!

ここ グエル公園は、ガウディのパトロンでもあった実業家、エウセビオ・グエルが計画した高級分譲住宅地だった場所。
しかし、諸事情により計画はわずか二戸を完成した後に頓挫(その内一戸はガウディが入居。現在のガウディ博物館に)。
後にバルセロナ市に寄贈され、公園として再整備されました(ユネスコの「世界遺産」登録)。

1005061  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
公園の南側入り口 向かって左側に建っている東屋。
GR DIGITAL, ISO64, AE, F5.6, RAW

1005062  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
東屋の向かい側に建っている門衛の住居。
GR DIGITAL, ISO64, AE, F5.6, RAW

シュールリアリズムの大家、サルバトール・ダリが「砂糖をまぶしたタルト菓子のよう」と感想を漏らしたとおり、おとぎの国に迷い込んだような錯覚さえ覚えます。 そう、グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」に出てきた「お菓子の家」に近いでしょうか。

ここ グエル公園はフィルムにて撮ったカットが多く、GRで撮影したカットはこの2つのみ。
フィルムが現像から戻ってきてから、詳しくご紹介しようと思います。

------

途中、有名なモデルニスモの建築家・ドメネクが設計した「カタルーニャ音楽堂」などを眺めつつ、ホテルへは7時過ぎに帰還。
少し落ち着いてから夕食に行こうか、という事になったのですが、どうせだったらスペインらしい食べ物を…という事で、近くにあったバスク風タパスの店へ行くことにしました。
色々なものをつまみつつ、「シードル」と言われるリンゴ酒を飲んだのですが、これが実に爽やかな味で美味しかったです。
自分は、あまりお酒が飲めるほうではないのですが、珍しく2杯ものんでしまいまして(笑)
基本的に、ラテン圏の国は食べ物に外れることが少ないようです。
2時間近くかけて食事をとった後 酔い覚ましに…と、バルセロナ港まで散歩しまして、海岸の涼しい風に当たってきました。

あれだけ楽しみにしていた日も、あっという間に終わり。
友人も、自分も、明日の朝には空港へ行かなければなりません。

■5/6■
フライトの時間が9時少し前でしたので、ホテルは6時半ごろチェックアウトをしました。
ホテルにタクシーを呼んでもらい、その足でバルセロナ空港へ。中心地から空港までは結構離れていますね。
(デュッセはすぐ近くなので便利なのですが、如何せん小さくて…)
ベルリンエアーのカウンターでチェックインをした後、暫くして 友人と別れました。
彼は、コペンハーゲン経由で成田へ戻るそうです。
 
自分のフライトは、当初の予定より30分ほど遅れまして9時20分ごろ。
現地より離れるのが名残惜しかったです。思っていたよりも、ずっと素晴らしい場所だったから。
恐らく近い将来、機会を作って再びここに訪れるだろうと思います。
(勿論、バルセロナの風景を撮影するために・笑)

Asta la vista, España!

|

« スペイン・バルセロナ 短期旅行(3)・5/5 サグラダ・ファミリア大聖堂 | トップページ | ドイツの藤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイン・バルセロナ 短期旅行(3)・5/5 サグラダ・ファミリア大聖堂 | トップページ | ドイツの藤 »