« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

槇原敬之「遠く遠く~'06ヴァージョン」

先日ネットサーフィンをしている折に、NTT東日本の企業CMとして使われているこの曲のPVを配信しているサイトに辿り着きまして、暫し聞き惚れてしまいました。
いい曲です。故郷を離れて新しい生活を始めた人の想いが良く伝わってくるというか… マッキーを一躍有名にした「どんなときも。」や「もう恋なんてしない」もそうでしたが、こういう曲はやはり彼にしか歌えないんだろうなぁ。
Gooの音楽ダウンロードサイトでこの曲が限定ダウンロード販売されていたので、速攻購入してしまいました。

この曲を聴いていると、2年前の6月 左も右も分からない状態で遠い異国・ドイツへ赴任してきた時のことが鮮明に思い出されてきます。

長年住み慣れた実家を離れたとき、後ろ髪を引かれる気持ちになったこと。
フランクフルト行きの飛行機が成田を離陸する時、感極まって泣きそうになってしまったこと。
フランクフルト空港で外国へきたことを実感し、心躍らせたこと。
デュッセルドルフのホテルに着き、これから始まる一人ぼっちでの生活を思って心細くなってしまったこと。

こちらでの生活にすっかり(?)慣れた今から思い返してみると、何とも恥ずかしい限りなのですが(笑)「初心忘るるべからず」というか… 今一度、出発点の自分をたまに振り返ってみるのも良い事だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

夏時間へ移行しました

こちら 欧州は、本日の午前零時より「サマータイム(夏時間)」へ移行しました。今まで日本時間との時差が8時間だったのが、一時間短縮されて7時間となります。
去年もそうでしたが、時間変更の後 軽い「時差ぼけ」のような状態になりまして、うっかり寝過ごしたりすることもしばしば。気をつけないとな…。

今週末は、土日とも天気が悪く、結局何処にも行きませんでした。夕方 幾分天気が持ち直したので、ライン河畔を自転車で廻ったりしたのですが…

それはそうと、桜の開花はまだか!「花の写真撮りたい」禁断症状が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

実に大変な一週間だった…

話のわからない人間と接する機会が多くて、下手したら鬱になりそうでした(苦笑)
今更何を、と言われそうですが、人と仕事をするのって一筋縄では行かなくて本当大変だと感じます。
でも、あと 1週間程で期末。何とか、峠は越せそうかな?

昨年のこの季節、もう満開になって咲いていたドイツの桜ですが、未だ 咲くそぶりすら見せず。昨年撮った木を見ても今だ芽のままで、あと咲き始めるまでに1-2週間ほどかかるのではないかと思います。
東京では、すでにあちこちで咲き始めているそうですね。羨ましいなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

(3/19)CDを久しぶりに買いました

相変わらず、こちらは気温一ケタ台をキープ中でして…去年の今頃、既に咲き始めていた桜はいまだ咲くそぶりすら見せず。ガマンガマンの毎日は、まだ続きそうです。
春のシーズンが待ちどおしく感じられたのは、初めてです。

昨日は、ケーの電器量販店にCDを久しぶりに買いに行きました。何か新しいものを無性に聞きたくて仕方がなかったので。

190306-1 (1)…ナット・キング・コール 「ルート66」
古いモノーラル録音のリマスター盤。でも、キング・コールのしっとりとした歌唱を十分に堪能できます。 「The Christmas Song」は、特にお気に入りの一曲。この曲、竹内まりやとセリーヌ・ディオンが以前にカバーしていましたっけ。

(2)…マイケル・ティルソン・トーマス Music for you / Plays Gershwin's Music
指揮者・ピアニストとしてアメリカで活躍するマイケル・ティルソン・トーマスが、ジョージ・ガーシュインの有名な音楽を指揮・演奏する一枚。この中に収録されている「ラプソディ第二番(ピアノとオーケストラによる)」がどうしても聞きたくて買いました。
ガーシュインというと「ラプソディ・イン・ブルー」や「パリのアメリカ人」が有名で、この「ラプソディ第二番」はそれ程演奏される機会の多く無い マイナーな部類に入るであろう曲なのですが、個人的には「ラプソディ・イン・ブルー」より好きな曲です。
今回買ったティルソン版の「ラプソディ第二番」ですが、個人的には5つ星を付けたいほど 絶品の演奏でした。軽音楽畑出身の作曲家らしい、ウイットの利いたガーシュインの音楽の魅力を最大限に引き出せていたと思います。

(3)…2006年ニューイヤーコンサート/ウイーンフィル マリス・ヤンソンス
今年の元旦 実家に帰った際にTVで見たウイーンフィルの「ニューイヤーコンサート」がCDになっていたので、買いました。
ニューイヤーコンサートのCDは、2002年に日本の’マエストロ’小澤征爾が指揮した時のものを持っていますが、個人的には今年のヤンソンス指揮による演奏の方が好きかな。小澤さんの指揮が決して悪かったわけではないのですが(ヘルメスベルガーの「悪魔の踊り」なんかは絶品だった)、何となく張り詰めたような緊張感がニューイヤーコンサートらしくないというか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

Webサイトのマイナーチェンジ中。

Webサイトのデザインを一新してからかなりな年月が経つので、デザインを完全に変更しようと思っていたのですが、かなり手間がかかりそうなので… マイナーチェンジで済まそうと思っています。
第一弾として、ヘッダー部のイメージの変更などを。
今まで、「和風な感じ」に拘っていたのですが、今回それを綺麗さっぱり捨ててしまおうと思っています。
ちょっと、かっちりとしたイメージに仕上げられたらいいなと。

それよりも問題なのは、写真をどのように分類しようか、という事なんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

(3/4)再び、ケルン行き。

いゃぁ、今週は酷い一週間でした。
オランダの事務所からアッパーカットを食らい、客先からはジャブを連打で浴び… サンドバッグ状態も良い所でした…。
何とも、人様が相手というのは一筋縄では行かなくて大変です。

閑話休題;
先週に引き続き、昼間からケルンへ足を運びました。
目的は、やはりカメラのレンズを探すため。フォトキナが開催される場所柄からか、デュッセルドルフと比べると規模の大きいカメラ屋が多く、また 品揃えが豊富なので、見ていて楽しい所が多いです。
色々と見て廻ったのですが、極上のコニカM-HEXANON 28mm f2.8(※ライカMマウント互換)がいい値段で出ていたので、これを即ゲット。
発売当初、11万円近くしていたものがこれだけのリーズナブルな値段で買えたのですから、文句はありません。
値段は、取り敢えずここには書かないことにします(笑・無駄遣いの自慢をしても、ねぇ…)

ライン河畔の店でビール片手(Kölsch・ケルシュと言われる、ケルン地方特産のビール)にお昼をとった後、大聖堂中心として 周辺の風景をスナップしに出かけました。
本当は、ライカM6のテストショットをしたかったのですが、色々と準備不足もあって今回は諦め、前と同じく GR DIGITALを使いました。
今回撮ったものの内、何枚かをこちらにてご披露。

040306-1ライン河畔にて… GR DIGITAL, ISO64, f5.6,  +0.3Ev, 中央重点平均測光

 
 
 

040306-2シルエット… GR DIGITAL, ISO64, f7.1, +0.7Ev, 中央重点平均測光

 

 

040306-3グロース・ザンクト・マルティン聖堂… GR DIGITAL, ISO64, f4.8, +0Ev,  中央重点平均測光

 

 

 

 

040306-4

ストリートパフォーマー… GR DIGITAL, ISO64, f3.5, -0.3Ev,  中央重点平均測光, レタッチあり(レベル補正)

 

 

 

 

このカメラ、レンズが大変素性の良いもので、1.8型の撮像素子を使っているコンパクト型とは思えない程の高い画質が得られます。
街中スナップには欠かせないアイテムの一つになっています。
お陰で、EOS20Dが最近 手持ち無沙汰気味になってしまっているけど(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

再び雪景色!

030306-1オフィス近くのバス停にて。

久々に晴れたな~と思ったら、夜の間に雪が降ったようで、再び一面の銀世界となっていました。
デュッセルドルフ市内では積雪は全くなかったのですが、たった30㌔はなれたKrefeldでこんなに違うんですね。

…しかし、春先になってもこうも寒いとは… 春は本当に訪れるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

久々の晴れだ!

ここの所、曇りや雨・雪の日が続いていたのですが、今日は珍しく快晴の朝を拝むことができました。こういう天気の日は、どこかに撮影に出かけたいものですね。

春のシーズン、近辺のEU各国の観光スポットを訪れてみようと思っています。
一番が、スイスの「グリンデルワルト」、2番目がオーストリアの「ザルツブルク」なのですが、何とか安く上げる方法はないかな。インターネットや旅行代理店を通じて調べてみようと思います。

020306-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

また雪!

月曜日にクライマックスを迎えたドイツのカーニバルも終わり、街角には以前の静けさが再び戻ってきました。
今回の「バラの月曜日(Rosenmontag)」は、気が向いたらロケに行こうと思っていたのですが、生憎の雪がちらつく天気であえなく断念…

今朝、デュッセルドルフの周辺では再び降雪がありました。南のアルプス周辺はともかく、この近辺はそれほど雪が降らないと聞いていたのですが… 今年の日本といい、こちらも少し天気がおかしいようです。

010306-1左の写真は、持っていたGR DIGITALで撮影したKrefeld中央駅の朝の様子。このカメラ、一眼レフと比べても非常にコンパクトで、ついつい持ち歩きたくなります。

こういう街角スナップも良いのですが…花だ!花が撮りたいんだぁ!!
あともう少しで、早咲きの桜と水仙が楽しめそうなのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »