« (2/16)プチ観光案内 | トップページ | また雪! »

2006年2月27日 (月)

My First LEICA!

ここの所、更新がかなり疎かになってしまい スミマセン(汗)
この季節 なかなか被写体が見つからないのと、また自分の怠慢の所為もあって…
現在進めている、Webサイトデザインの一新も全然捗りません。

週末、デュッセルドルフ 及びケルンのカメラ屋をハシゴしまして、中古のカメラを物色していました。
と言っても、眺めるだけのクラカメでは無く、しっかりと実用に耐えるカメラのことなのですが。
実は以前から、「ドイツに来たからには、是非こちらのカメラを買っておこう」と思っていまして。特にライカのMシステムに目をつけていたのですが、諸事情もあってなかなか購入に踏み切れず…(尤も、現行のキヤノンのシステムを先に完成させよう!という目的もあったのですが) 2ヶ月ほど前にあった日本帰国の話が図らずも(?)後押ししてくれた形です。

260206-1 現行のライカの製品である「M7」が安く手に入れば…と、当初思っていたのですが、中古品の出回りはそれ程多くないらしく、価格も2300ユーロ程と、ちょっと敷居が高いかな?という感じでしたので、一世代前の製品である「M6」をメインターゲットに探しました。
ボディは、デュッセルドルフのカメラ屋で傷なしの極上品が偶然見つかりまして、速攻でツバをつけた(笑) ケースとネックストラップ付で1200ユーロほどでした。
ボディの底部に多少塗装の浮きがあるのですが、写り自体に問題はありませんし、気になったらその部分だけ交換してしまうことも出来ますから。
勿論、露出計の状態も全く問題ありませんでした。

レンズは、ケルン中央駅を出て直ぐのカメラ屋さん(しかも、ケルン大聖堂の真下!)で見つけました。
旧ライツ(Ernst Leitz Wetzlar)の「SUMMILUX-M 35mm f1.4」 で、非常にコンパクトなもの。街中スナップがやり易そうです。
専用のフード(12504)付で、しかも状態はこれまた極上のものが900ユーロ程。元の値段が、この3倍近くしていたことを考えると、かなりお買い得?だったかも知れません。

今回の買い物で、とりあえず「写真を撮れる基本セット」が出来上がった訳ですが、この他にも28㍉、50㍉、90㍉位は最低限揃えたいな、と思っています。
ライカだけでなく、日本にも目を向けてみるとフォクトレンダー(Voigtländer)/コシナ やツァイスなどのMマウント互換の新レンズが発売されていますし、中古でも コニカのHEXAR RF用の交換レンズやミノルタCLE用レンズなど 使えるレンズが沢山あるわけで。 選択の幅が広い分 色々と楽しめそうです。

|

« (2/16)プチ観光案内 | トップページ | また雪! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/8858134

この記事へのトラックバック一覧です: My First LEICA!:

« (2/16)プチ観光案内 | トップページ | また雪! »