« (1/5)仕事始め | トップページ | 思い出の写真(1)・東急世田谷線の旧型車両 »

2006年1月15日 (日)

(1/6)何だそりゃ!!orz...

折角の年始だというのに、とあるメール&電話で全てが暗転してしまった…。
どうやら、東京のトップは自分を日本へ戻すことを考えているらしい。

まだ、こちらへ来て1年半… 欧州の販社の方々やオランダの事務所のメンバーとやっと人間関係が出来上がってきて、さあこれからだ!という時なのに…中途半端なまま切り上げなければいけなくなるのか?
思えば、入社以来2年間いられた場所が自分にはない。自分を除いたほかの同期は、4年前に配属されて以来 ずっと同じ場所で働いており それぞれの部署の中でそれなりの役割を担いつつあるというのに…。
会社組織というものは、昔の武家社会宜しく「封建制」的な所があるから、ある程度従わなければいけないのも重々承知しているが、こういう理不尽な人事に対して抗議の一つもできないのだろうか?

いや、部署内を移動することは別に構わないのだが、それよりも気に食わないことは、何故 こういうことが自分の現在の上長を経由しないで自分に直接来るんだ?しかも「他の人には内緒にしろ」などと… こんな事出来る訳ないではないか。
この人物の悪評はいろいろな所から聞いているから今更驚くには値しないのだが、それにしても、どうしてこうもこの人物のやること為す事、人のやる気を削ぐことばかりなのだろうか? 社長の権力を笠に着てやりたい放題、人の言うことはまったく聞かず 勝手なことをわめき放題、上には媚び諂い 下には威張り散らし… 正直、この人物の下で働くことを考える位だったら、転職を考えた方が人生を無駄にしないかもしれない。

まぁ、この話は流動的なものも含んでいるので、これが現実化するかどうかは微妙な所なのだが… 志半ばで失意の帰国、という最悪の結末を迎えることだけは何としても避けたい。オランダの事務所を巻き込んで、精一杯の抵抗を試みてみるつもりなのだが…

|

« (1/5)仕事始め | トップページ | 思い出の写真(1)・東急世田谷線の旧型車両 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/8167159

この記事へのトラックバック一覧です: (1/6)何だそりゃ!!orz...:

« (1/5)仕事始め | トップページ | 思い出の写真(1)・東急世田谷線の旧型車両 »