« (1/2)毎年恒例の。 | トップページ | (1/4)しばらくの間さようなら、日本。 »

2006年1月 9日 (月)

(1/3)鋸南町「水仙ロード」

あれ程楽しみにしていた日本滞在も、残すところ あと一日。振り返ってみれば、あっという間に過ぎていったような気がします。

昨日書いたとおりですが、今日 内房の鋸南町(きょなんちょう)にある水仙の群生地「水仙ロード」を撮影しに、家族と一緒に車で出かけました。
鋸南町のWebサイトによると、現在の開花状況は”3-5分咲き”とのこと。一面に咲き誇る花の風景を広角で撮るのは難しそうですが、マクロや望遠の”圧縮効果”を使えば、そこそこ絵になる写真が撮れるんじゃないかな?

一番の近道である「東京湾アクアライン」を通って約2時間余り…昼食を近くの店で摂ったりしながら現地へは昼前につきまして、現地の水仙ロードへは徒歩にて向かいました(現地でのクルマの駐車が許されていなかったため)。

肝心の水仙ですが、”3-5分咲き”だけあって、やはり花はパラパラと見られる程度。丁度撮り易い斜面を見つけたので、この近辺に三脚を置いて撮影をすることにしました。

030106-1 030106-2

(左)…Canon EOS20D + EF100-400mm f4.5-5.6L IS USM
ISO200, f5.6, ΔEv -0.3, WB晴れ, 手持ち撮影
(右)…Canon EOS20D + EF100-400mm f4.5-5.6L IS USM
ISO200, f5.6, ΔEv +0.3, WB晴れ, 三脚使用, C-PL

100㍉マクロなども持っていったのですが、撮影ポイントからかなり遠い場所に咲いていたものが多かった所為で 100-400mm の超望遠ズーム一本撮りになってしまいました。
しかしこういうシーンでも、IS(手ぶれ補正)の威力は抜群ですね。通常、この焦点距離のレンズを使って「手持ち」で撮影、というのは考えられないことなのですが、バンバン撮れてしまうから面白いものです。

今回、お蔵入りとなったままとなっていた中判カメラ(マミヤ 645PRO TL)も併せて持っていきまして、何カットか撮ることができました。現像は帰国までには間に合わないので、後で現像したスリーヴをEMSか何かで送ってもらうことになるでしょう。

思い返して見ると、今回の帰国では一体どのくらい写真を撮ったのでしょうか。GRによるスナップを含めると、数千枚位は撮ったのではないかと思うのですが…
ドイツに戻ってから、データの整理やプリントが大変そう…

|

« (1/2)毎年恒例の。 | トップページ | (1/4)しばらくの間さようなら、日本。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/8080256

この記事へのトラックバック一覧です: (1/3)鋸南町「水仙ロード」:

« (1/2)毎年恒例の。 | トップページ | (1/4)しばらくの間さようなら、日本。 »